? 赤十字病院の看護師の自己PR | 看護師赤十字病院求人ナビ

看護師赤十字病院求人ナビ【※人気サイトランキング】 赤十字病院の看護師の自己PR

看護師赤十字病院求人ナビ【※人気ランキング】

日本全国に90カ所を超える赤十字病院

平均的な年収は500万円程!

近くに赤十字病院があれば転勤が可能

基本給×勤続年数の退職金制度あり



赤十字病院の看護師の自己PR

面接試験というのは、ある意味自分という人材を売り込む場所と思っておくべきです。赤十字病院の面接試験に関しても同様で、自分を採用することによってどのようなメリットが病院にあるのかという点を説明できるかどうか、相手を納得させられるかどうかで採用の行方が決まるとも言えます。そこで赤十字病院の面接の中でも、自己PRをしっかりと行いましょう。ただし日本人は特に顕著なのですが、自己PRが苦手と感じている人は多いようです。自分のいい所を人前で話すことに関して、抵抗があるとか恥ずかしいと感じる人が多いです。しかし皆さんのことを知らない面接官に雇ってみたいと思わせるには、自己PRをしっかりと行う必要があります。

自己PRをする時には、なぜそのような売りがあるのか、その根拠に関しても説明する必要があります。「自分はこういう人間です」とだけ、アピールしたところで抽象的ですし、面接官は本当にそうなのか判断する材料を持ち合わせていません。そこで「○○だから自分はこのような人間なのです」と説明するように意識しましょう。たとえば、具体的なエピソードを簡単に披露してみるとか、より強い客観性をアピールしたいのであれば、数字をうまく織り込むといいでしょう。このように自分のセールスポイントを考える中で、そのセールスポイントを印象付けられるような事例がなかったかどうか確認をしておくべきです。

自己PRをする時には、理論立てて話しましょう。面接試験の場で緊張してしまって、話の順番がめちゃくちゃの人もしばしば見かけます。せっかく看護師としての経験をアピールできるだけの材料がそろっているのに、理論立てて話ができないので結局何をアピールしたいのかよくわからないという人もいます。また自分のことを理解してもらいたいという気持ちはわかりますが、あまり長々と自己PRをするのも考え物です。自意識過剰とみなされてしまうとか、筋道立てて説明できるだけの能力がないとマイナスの評価にされる恐れも出てきます。簡潔にまとめるように意識しましょう。できれば1~2分でしっかりと自己PRができるようにただ文章を考えるだけでなく、実際に話してみて時間調整をしてみましょう。自己PRの仕方をいろいろと自分で考えたけれども、なかなか見つからないという人もいるでしょう。その場合には転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談してみましょう。皆さんの今までの経験を見て適切なアピール方法をアドバイスしてくれます。

赤十字病院の求人サイトランキング

ナースフル

利用料 無料 非公開求人 あり
対応エリア 全国 評価 ★★★★★