? 赤十字病院の看護師の退職金 | 看護師赤十字病院求人ナビ

看護師赤十字病院求人ナビ【※人気サイトランキング】 赤十字病院の看護師の退職金

看護師赤十字病院求人ナビ【※人気ランキング】

日本全国に90カ所を超える赤十字病院

平均的な年収は500万円程!

近くに赤十字病院があれば転勤が可能

基本給×勤続年数の退職金制度あり



赤十字病院の看護師の退職金

赤十字病院の看護師の噂の中でもよく聞かれるものとして、公務員と同じ待遇で仕事ができるので一生経済的基盤が安定しているというものがあります。赤十字病院の募集が出ると応募者がかなり多くなりますが、このような経済的な安定を求めて転職する人もいるでしょう。しかし赤十字病院というのは、公立病院と比較すると立ち位置が若干異なります。ところが多くの人が公立病院も赤十字病院も一緒というイメージを持っている傾向がみられます。

赤十字病院とは、日本赤十字社という団体が運営している病院事業の中の一つです。このため赤十字病院で仕事をしている看護師は、団体職員扱いとなって、厳密にいうと公務員ではありません。しかし赤十字病院という医療機関自体は、公的な医療機関とみなされています。このため給料をはじめとした待遇に関しては、国公立の医療機関に準じた給料形態となります。このことから、国公立の職員の給料形態に準じているのであれば、公務員の給料形態と一緒なので事実上同じ扱いが受けられるという話になっているようです。これは部分的には確かに合っているのですが、一方で部分的には誤った情報も含まれています。

公務員の場合、よほどの不祥事でも起こさない限り、解雇されることはありません。また自治労などの発言権も強いので、なかなか給料の減額ができません。しかし赤十字病院の場合、公立の病院ではなく、それぞれの病院で独立採算制をとっています。このため、もし収益がきちんと出ていないのであれば看護師に対して給料カットや場合によってはリストラなども行われています。ひとたび赤十字病院として就職できれば公務員のように、将来安泰だとは言い切れませんのでこの部分は注意する必要があります。また公務員の給料に準じますので、もし公務員の給料が減額になった場合には収益のいかんを問わず、即反映されるケースも考えられます。

このように言われると赤十字病院には、給料面ではいいことないがようなイメージを持たれてしまいます。しかし世界的な団体が運営する病院なので福利厚生の制度は一般的な民間の病院と比較するとかなり充実しているといえます。その中でも特に赤十字病院が民間病院の看護師と比較して厚遇されているとみられるのが、退職金に関してです。基本給×勤続年数で計算される所が多いので、長く勤めれば勤めるほどかなりまとまった金額が手に入ります。セカンドライフの資金として活用できます。

赤十字病院の求人サイトランキング

ナースフル

利用料 無料 非公開求人 あり
対応エリア 全国 評価 ★★★★★